肝機能障害改善してヘルスプロデュース~生活からチェンジ~

把握すべき事

健康食品

乳酸菌は腸内環境を整えるため、乳酸菌配合食品やサプリメントは、健康食品として扱われています。しかし、人によっては、乳酸菌を摂りすぎることで下痢を引き起こすので注意が必要です。その理由について説明いたします。乳酸菌は一日の摂取量に上限を設けられていません。いくら摂取しても乳酸菌自体には健康を害する要素はないのです。しかし、乳酸菌が生み出す乳酸や酢酸が稀に排せつ活動を促すことがあります。それによって下痢を引き起こす人がいます。また、加齢による腸の機能低下、ストレスによる胃酸の過剰分泌によっても、下痢は引き起こされます。また食品から摂取する場合には、乳製品に含まれる大量の脂質が、下痢の原因となることもあります。

乳酸菌は、ほどほどに摂取するのが効果的です。一日の摂取量に上限はありませんが、目安とする量はあります。食品であれば、ヨーグルトを一箱も食べるのは食べ過ぎです。またサプリメントであれば、記載されている摂取量を守るのが安全です。また腸内環境は一朝一夕で改善されるわけではないため、乳酸菌の摂取は継続的に行う必要があります。毎日のように食品から摂取するのが難しい場合は、サプリメントから摂取するのがおススメです。摂取効率の点からも、サプリメントの方が良いと言えるでしょう。そうすることで、腸内環境が整えば、自然と便秘が解消されます。そして免疫細胞が活性化して、健康体を取り戻します。また自律神経のバランスが整い、精神の安定を得ることもできます。