肝機能障害改善してヘルスプロデュース~生活からチェンジ~

把握すべき事

健康食品

乳酸菌は摂取量を増やすことで、下痢の原因となることがあります。乳酸菌が生み出す酢酸や乳酸、そして食品に含まれる脂質などが、排せつ活動を促すことがあるからです。そのため、サプリメントで摂取量を守りながら、継続的に摂取するのがおススメです。そうして腸内環境が整えば、心身の健康を得ることができます。

Read More...

健康維持に大きな効果あり

シニア

フコイダンは、日本人にとってお馴染みの海藻から抽出される成分です。健康を維持するのに必要な栄養成分が含まれているので、日常的に摂りたい成分です。しかしサプリメントも充実しているので、それらで摂取する方も多くいます。免疫機構や消化器にいい作用をもたらすため、健康維持を考える方にはいい成分です。

Read More...

健康に生活する為に

お年寄り

中高年ともなると表れる問題では更年期などがあります。この更年期はさまざまなことが該当してしまいます。そんな更年期を抑えていくための薬が多くありますが、中でも体に良いとされているのが漢方薬なのです。

Read More...

静かな臓器

茶色の錠剤

肝臓とのつきあい方

A型、B型、C型の肝炎の場合を除き一般に肝機能障害を起こす原因の最大のものはアルコール摂取によるものです。この場合も一般に一日に飲むアルコール飲料の目安が書かれていますが、これは人それぞれであり同じ量を飲んでいても肝機能障害を起こす人とまったく影響のない人とがいることは事実です。肝臓とアルコールとの関係は一日に沢山飲酒したから問題が起きるということではありません。その人が飲酒を始めて蓄積されたアルコールの量で身体にえいきょうを及ぼし、肝機能障害をおこすことになるのです。短期的問題ではありません。では肝機能障害を起こした場合どうするかと言うことです。人間の身体は自分で治す能力を持っていますから直ぐに薬を飲む必要はありません。まずは自分が食べている食品を見直してみましょう。必ず肝臓に良い食品があります。今まで脂っこいものを沢山食べていた人はたんぱく質の多い食品へ糖分の多い食事をしていた人はビタミンの多い食品を多くとることでゆっくりと肝機能は改善します。

半年でなおす

肝機能障害になってしまった場合の薬を飲まずに直す方法です。勿論アルコールは禁止です。半年禁酒し食事療法で直ります。この場合肝機能にプラスになる食品の種類は多岐にわたりますので、出来るならば野菜、肉類、魚類、果物といった具合に一覧表を作成し、日に三回の食事の準備を材料が効果的にとれるように工夫することは有効でしょう。特に肝機能に効果のある食品のたんぱく質を良質な食材で、加工品を購入するのではなく、自分または家族が食事を作ることが大切です。とくに肉類では豚肉、また大豆食品、乳酸菌飲料などは腸のコンディションを整えることから体調全体を良くすることにつながるので肝機能の改善には大変有意義なものと言えるでしょう。